夏の昼寝どき、そよそよとふく1/fゆらぎのかぜ。 なんとよぶのでしょうかねぇ?知ってる方教えてください。などと考えている日常記
 
おしらせ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

家の近くに、

もしかして、西風でも入ったらサーフィンできるんじゃね?

って思っていたポイント(人口の砂浜)があるんだけど。

この前の台風のあとに近くを通りかかったら、どうもサーファーらしき人影が・・・

少し通り過ぎてから気になったので、海岸に出てそちらのほうを見ると

なんかやってるような、やってないような。

ちいさな人影が。

ひざうえくらいしかないんだけどね。

まーできなくはない気がする。

こんなところにまでサーファーが出現するとは・・・



ほんの少しだけ気持ちがザワッって動いたけど、

もう完全に引退した身。

二度とは戻らないだろう。
スポンサーサイト

岩手の翌年のサーフトリップは沖縄県。石垣島です。

GWの八重山地方というのはじつはオフシーズンなのです。

梅雨とまではいかないものの、ぐずついた天気が多く

比較的空いているらしいのです。


あまり有名なスポットはないももの、

なんとかなるだろ、と行ってはみたものの・・・

リーフブレイクなので、陸からの目測ですが、おそらくヒザ下。

そのためにわざわざパドルアウトする気もなくなり

ひたすら観光の日々でした。


米原にある知花食堂のみそ汁とちゃんぷる、

うまかったなぁ~~~



西表島に向かう八重山観光フェリーの船にて。
八重山の雰囲気とまったく異なり、えらいハイパワーな船です。


カヌーを借りてジャングル体験。
ビーサンでいったのでちょっとだけ怖かったです。


ひと気もほとんどなく、ものすごーーーーい開放感です。


石垣を一周してみることに。
有名な川平湾にて。
ミシュランのガイドブックにて3ツ星をいただいたそうで。


こちらも有名な石垣牛が、いっぱい。
うまそうです。


島の北端にて。
パラグライダーで遊んでいる人がいました。


だいたいこういう場所で写真をとりたがりますネ。


玉取崎展望台からの眺め。
石垣で一番リーフが広い場所でしょうかね。


こんな場所も走って、いちおサーフポイントを探してみたんですけどね・・・
あまりへんな場所には行かないほうがいいですね。
不法投棄やら生活排水やら、
見たくないものが見えてきます。


竹富島にも行ってきました。

ここはよかったですね。

竹の子のソバうまかったし、

古い町並みも美しかった。

のんびりしすぎてフェリー乗り場でフェリーを待っていたら爆睡。

気がついたら夕方になってひと気がなくなってました。


素朴できれいな街並み。


シーサ。


裏道をキチンを清掃されてます。


某電力会社のイキな建物。


星の砂で有名なコンドイビーチにて。
足がモゾモゾするとおもったらヤドカリさんでした。


向こうに見えるのは西表島です。
ちょーキモチ開放感なので、ビーチの端のほうにいって、
ふるちんで泳いでました。
upできませんけど。

[関連記事]
サーフトリップin岩手
サーフトリップin紀伊

超忙しくて、なかなか時間がとれない中

紀伊半島に遊びにいきました。

前日は2時間しか寝ていない。

相方も同じようなものだ。(でも倍の4時間は寝たらしい)

出発前から二人ともヘロヘロ気味だが、

朝一のサーフィンを目指し、夜中に出発する。


200km毎に交代することにし、

紀伊半島を目指し爆走&爆睡。

東名~伊勢湾岸~R25~西名阪を経て

片男波スポットへ。


台風が近づきつつあり、徐々にサイズアップ。
いい波だったけどヘロヘロ&激混みであまり楽しめず。


海から上がり漁港でのんびり。
猟師町の雰囲気が色濃くのこっている。


和歌山市から南下。風光明媚な景色が続く。


大地でクジラ定食。
オーラのある街でした。


クジラを捕まえてみようとしたけれど。


有名な観光地もいちお押さえておきました。
熊野那智大社。


一日目は南紀白浜にて宿泊。
これは二日目の宿泊ホテル(志摩賢島)からの景色。
絶景ですが、このあたりの相場はえらい高いです。


三日目、志摩の国府ポイントにて。
サイズがあがるとダンパー気味に。
遊べたのはこのサイズまででした。


志摩スペイン村にも行きたかったけど、
時間と相談して伊勢戦国村(今は伊勢・安土桃山文化村というそうです)
にいくことにした。


パールロード、鳥羽展望台にて。


楽しかったなぁ・・・戦国村。
にゃんまげとの2ショット写真は宝物やね。


鳥羽からフェリーで伊良湖へ。
渥美半島での夕日です。
超ハードな旅だったけど、いい旅だったなぁ。
次の日さっそく仕事やけどね・・・

[関連記事]
サーフトリップin岩手
サーフトリップin石垣

ゴールデンウィークを利用して岩手へ。

夜出発。岩手まで一気に北上し、遠野経由で釜石へ。

浪板海岸ベースにて2日間ほどサーフィンするが、

ヒザほどの波しかなく、じょじょに観光モードへ。

前沢へ行って焼肉。平泉、厳美渓を観光してから帰りました。


岩手あたりだと方言が理解できなくて・・・

ツレのおばあちゃんが岩手の人ということで、

訳してもらってました。

ありゃ一人だとつらいな。


そういえば、この年の夏には仙台~鹿島まで

南下しながらのサーフトリップしたのですが、

写真が一切ありません。

ん~ん、なんでかな。


遠野で少し遊んでから海にでます。


波待てどヒザサイズしかこず・・・
GWといえどこのあたりの水温はハンパなく冷たく。
しかし水は澄み渡ってとてもきれいだった。


朝のコーヒータイム。この時間がサイコーにまったりしていて気持ちいい。


波板前景。山の頂上から突風が降りてきて、ツレの板が吹っ飛んだ。あれはなんだったのか??


実験的映像。
5年程前の未使用フィルムが出てきたので撮影してみるとこんなことになってます。
ちなみに赤いのは夕焼けではありません。


港をブラブラ散歩中。


釜石の橋上市場。文字通り橋の上に市場が開いてます。
フィレンツェの日本版ですな。


緑の中を走り抜けてく真っ赤な・・・


平泉中尊寺にて。
さっき食べた前沢牛の焼肉の余韻に浸ってます。

[関連記事]
サーフトリップin紀伊
サーフトリップin石垣

ひさしぶりに自転車で茅ヶ崎まで走ってきました。
連日ツールを見ているせいでしょう、気分はすっかりロードレーサー。
前半とばしすぎて、帰りはヨレヨレになってしまいました。
ふとももいてーし。

波もなく海にも入る気がしませんねぇ。
ほぼ全域フラット、河口、辻堂、パークには人がいました。
ひざ下でかろうじてできるかな・・・って感じ。
スクールが多かったみたいだけど。


曇天に我関せずの浜昼顔 ひるねかぜ

浜昼顔は六月の花なんですが、まだわずかに残ってました。
本格的な夏がすぐそこですね。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。