夏の昼寝どき、そよそよとふく1/fゆらぎのかぜ。 なんとよぶのでしょうかねぇ?知ってる方教えてください。などと考えている日常記
 
おしらせ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

とりあえず旅ものシリーズ完結編。


紅葉みたいなぁ。

どこイコ?

とりあえず乗鞍やったらどっかでアタルやろ。

ぐらいのノリで乗鞍に行きました。

ついでに、過去に挫折した3026mの頂上へアタックしてきました。

まあ、低酸素には体がむいていないようです。

剣ヶ峰の最後の登りでは小学生に追い抜かれてました。

そういえば中学の時の石鎚登山でも鎖登らずに楽な登山道登ってたっけ。

わしの人生、常に楽な方。

そういう体質なんや・・・



関連記事
スポンサーサイト

棚田を見たくて、新潟は松之山までいってきました。

出発時はそうでもなかったのに、到着するとずっと雨。

くらーい写真ばかりになってしまいました。

でも松之山はいいですね。

温泉、スキーでもいきましたが、けっこう好きです。


鎌倉の12月初旬です。

紅葉終わりかけに近いかな?

旅というほどの距離ではありませんが。

ルートは

円覚寺~~明月院入り口~建長寺入り口~薬王寺~浄光明寺~鶴岡八幡宮・・・稲村ガ崎

って感じかな?あまり覚えてないのです。

住んでみたい気もするのですが、

人多いし、渋滞するし、物価高いし、

住みやすかったのは昔の話なのかもしれません。




こんなニュースがあったなんて知らなかった!!

カールツァイスは15日、キヤノンEFマウントの単焦点MFレンズ「ZE」を発表した。ラインナップは「Planar T* 1.4/50 ZE」と「Planar T* 1.4/85 ZE」で、2008年第4四半期に発売する。価格はPlanar T* 1.4/50 ZEが579ユーロ、Planar T* 1.4/85 ZEが999ユーロ。日本での発売は未定。

元ネタhttp://dc.watch.impress.co.jp/cda/lens/2008/09/16/9220.html

わかりやすく説明するとですね、

カールツァイスというドイツの有名なレンズメーカ

(古くは日露戦争の日本海海戦で艦長が大事に首からさげていたり
少し前には高級ブランドCONTAXのレンズとして使用されていたり
最近ではSONYのカメラに使用されています。)

が、キャノンの一眼レフカメラに装着できるレンズ(EFマウント)を発表した。

どちらも単焦点(ズームではない)のマニュアルフォーカスレンズで

F1.4 50mmとF1.4 85mmという明るいレンズを発売する。

50mmが76,000円、85mmが130,000円ほどである。

と。


欲しい!
(その前に一眼レフデジカメ持ってないけど)


その昔CONTAX T2というコンパクトカメラを持ってまして

そのときにカールツァイスの写りに魅了されたわけですが、

CONTAXブランドの撤退、SONY製品への搭載(SONYは嫌い)

コンパクトデジカメはズームレンズしか搭載していない

(コンパクトデジカメなんて単焦点レンズで十分!)

などで、なかなかデジカメを買う気にもならず、

ま、ブログなら携帯カメラ程度で十分だろうと思っていたのよね。

基本的に”うで”はないですが、昔の会社って先輩で写真のうまい人が

多かったのでそういう"情報"だけは持ってるのよ。


う~ん、う~ん。

こいつはぜひとも欲しい!
(その前に一眼レフデジカメ持ってないけど)


85mmは、まあそんなに使わないからいいんだけど、

50mmは欲しいなぁ。

Distagonの35mmが出るまでまとうかなぁ・・・

(くどいようですが一眼レフデジカメ持ってないけど)


うん、なんか久しぶりに物欲が湧き上がるのを感じたぞ。



そういえば、AU携帯のPにやっとBluetoothが付いたな。

こっちもそろそろ買い替え時期だな。

次モデルが出て値段さがったら買おうっと。

しかし、いろいろ付けて単価上げるのホントやめてくんないかな?

ワンセグもカメラもいらねぇ!とか言ってたら

じいさん携帯しかねぇじゃねえか!


以上!

低機能をごちゃごちゃ付けて高く売っているボロ製品より

抜きんんでた一点高機能物のほうがオレは好きだ!

っていう話でした。

まぁ、ソコは行間から読み取れよってことやね。
10年勤めるともらえるという休暇をずっと取る暇がなくて、

2月にやっと取れたので小笠原にクジラを見に行きました。

おっさん一人でいくっていうのも、色気のない話ですが

中途半端な時期やし、平日5日間も一緒に休む人なんて

いるわけないのでしようがないのです。

2月ということで、クジラのシーズンにぴったりでしたが、

卒業旅行なんてのもぴったりらしく、

多くの女子大生にまじっておっさん一人というのも

なかなか居心地の悪いものです。

野生のイルカと一緒に泳ぐドルフィンスイムで

みんなキャッキャッ喜んでましたが、

海の中で見るイルカって思った以上にデカク

若干怖かったっす。


二見湾内。湾内なので波は穏やか。サーフィンもできるそうですが、
滞在中はうねりもなく、ウィンドサーフィンをやってる人がいるぐらいです。


展望台から、大村地区を望む。


二見湾内。でっかいクルーズ船みたいなのも停泊してます。


南島から父島の眺め。
右奥にハート型の崖が見えます。
手前の海は、底が石灰石だかで、ハンパない青さです。
中央左手がジニービーチ。
後日、シーカヤックで上陸します。
点在する岩の間を潮流に逆らってカヤックで抜けるのが楽しいのです。


扇池。


水がとにかく青い。
海底が石灰石なのは、ここと、青の洞窟で有名なカプリ島ですね。


これが一番の目的でした。
ローカルルールであまり近づけないので、
小さくしかうつってませんが・・・感動です。


南国らしい花と


南国らしい景色と


最終日はちょっと天気悪くて風も強くて・・・
帰りの船がイヤな予感。。。

案の定大揺れです!!
太平洋航路に乗ったときは大体シケてんだよなぁ。
中3の全国大会のときが唯一穏やかだったか。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。