夏の昼寝どき、そよそよとふく1/fゆらぎのかぜ。 なんとよぶのでしょうかねぇ?知ってる方教えてください。などと考えている日常記
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサード リンク

ツールドフランスがアルプスに入って過酷さを増しています。

昨日は標高2802mボネット・レストフォン峠を超えました。
ここは自動車で到達できる欧州最標高地点だそうです。

日本でいうと、(一般車はもうはいれなくなってしまったけれど)
乗鞍スカイライン(2,710m)ってところでしょうか。
バイクと車でいったことがありますけど、空気薄いよね。
4stやインジェクションならまだしも2stだと1~2速じゃないと走れないですよ。
缶ジュースやポテチはパンパンになるし、歩くだけでも息がきれます。
自分は薄い空気に弱いらしく、乗鞍山頂(3,025m)までいってきましたが、
ヘロヘロになって小学生に抜かれてましたね。
ちなみに自転車は2003年から開放されたそうで、登れるそうです。

とまあ、こんなところを自転車で、しかもレースで走るなんて、
しかも山頂手前でスパートするなんて・・・
見てるとスゲー楽しいですケド。


でもって、本日は昨日より過酷な最難関ステージです。
2,645mのガリビエ峠
2,067mのクロワ・ド・フェール峠
この二つを超えて、
1,680mのラルプ・デュエズ 山頂ゴール
です。
走行距離も今大会最長の210.5km

このあとは比較的平坦なコースだけなのと、
昨日は成績上位陣に大きな動きがなかったので、
今日あたり大きな動きがありそうです。

放送も18:05~25:30と今大会最長です。
わくわく!
関連記事


スポンサード リンク

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hirunekaze.blog95.fc2.com/tb.php/19-897dc427
この記事にトラックバックする
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。