夏の昼寝どき、そよそよとふく1/fゆらぎのかぜ。 なんとよぶのでしょうかねぇ?知ってる方教えてください。などと考えている日常記
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサード リンク

チュニジア~イタリア2001 4/4 ナポリ・アマルフィ・ポンペイ

シリリアのパレルモから逃げるようにナポリに移動。またしても宿がない!

3日後からならあるということで、3日後を予約し、アマルフィのYHになんとかすべりこむ。

アマルフィ基点でナポリ行ったりポンペイ行ったりとなんと不便なことか・・・
しかし移動する車窓(や船からの景色)があまりにきれいだったのでまったく退屈しなかった。

ただカプリ島は最悪だった。
アマルフィからナポリへ船で移動したときの中継地につかったのだが、
超有名観光地だけに船のチケット売り場の人がすごくて・・・
しかもみんな並ばないし・・・

ナポリで最後の一泊をするわけだが、ナポリ市内は日本人観光客も多く
あまり旅情に浸る雰囲気ではなかった。

正直GWのイタリア気まま旅はやめたほうがいいかもね。


パレルモから船泊にてナポリへ

アマルフィの一つ手前の町。レモンチェッリ(食前酒なんだけど、おいしくて、暇で飲みすぎた)で酔っ払って浜辺のベンチで一日中寝てた。おかげで風邪引いた。

海から見たアマルフィ

YHに向かう道

この奥がアマルフィ。

アマルフィ。かつての海洋都市の名残か山頂には見張り台のようなものが。

名物のレモン。食前酒のレモンチェッリをぐびぐび飲んで酔っ払ってしまった。

YHの中。古い家の屋根裏のようなところ。窓ありません。

なんかイタリア映画っぽかったので。

この先は観光客がごった返してますが、一つ隣のまちにいくと静かです。

ナポリ旧市街。分かりにくいですが名物の洗濯物がある。写真とっているとおっさんが怒ってた。こわー。

旧市街のなかでも比較的大通り。この地下に古い町があるそうです。ちょっと悲しい事情で行けなかったけど。

ナポリといえば漁師のおっさん。

こちらまたまたアマルフィ。多分夕方なので手ブレしてますけど

なんかやってました

アマルフィからカプリ島~ソレント経由でポンペイへ。移動の船にて

同じく船上にて。世界一美しい海岸といわれています。船でもバスでも楽しめます。

えっと、たぶんソレントだと思います。ここから鉄道でポンペイへ

ポンペイ。多くの遺跡がきれいな状態で残ってます。ひと形の石膏は迫力ありました。






[関連記事]
チュニジア~イタリア2001 1/4 チュニス
チュニジア~イタリア2001 2/4 カルタゴ遺跡
チュニジア~イタリア2001 3/4 シチリア
関連記事


スポンサード リンク

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hirunekaze.blog95.fc2.com/tb.php/216-5f05ec77
この記事にトラックバックする
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。