夏の昼寝どき、そよそよとふく1/fゆらぎのかぜ。 なんとよぶのでしょうかねぇ?知ってる方教えてください。などと考えている日常記
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサード リンク

92年11月頭

ひまやなぁ~、どっか行ってないところないかなぁ。

ということで大井川を遡り紅葉を楽しむたびにでてきました。

寸又峡で大渋滞に巻き込まれた記憶があるのですが、

寸又峡での写真がありません。

なぜ?

人が多すぎて写真をとらなかったのかもしれませんね。

なぜだか忘れましたが、出発点は静岡のある場所。このあたりもお気に入りで、ツーリング、海水浴、サーフィンと何度も訪れました。

時代劇によくでてくる蓬莱橋です。世界一長い木造歩道橋としてギネスに認定されたそうです。向こう側は農地でなにもありませんので、戻ってこなければなりません。

静岡の風景。茶畑がどこまでも続きます。

焚き火をしているときは、ライターを使用してはいけません。それが男のルールです。

ご飯を炊くときは自分の手で一合を測らなければなりません。これも男のルールです。

朝起きて焚き火のそばでコーヒー。最高に気持ちのいい時間です。

茶畑に囲まれた集落と大井川。美しい景色だと思います。

すいぶんと登ってきたと思います。

こういう所は、かならず通らないと気がすみません。

かなり上流です。すこし疲れてきているような。

きれいな景色に癒されてきました。

関連記事


スポンサード リンク

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hirunekaze.blog95.fc2.com/tb.php/222-61b75e57
この記事にトラックバックする
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。