夏の昼寝どき、そよそよとふく1/fゆらぎのかぜ。 なんとよぶのでしょうかねぇ?知ってる方教えてください。などと考えている日常記
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサード リンク

なんか書かなくては。



で、引越し時の敷金ですが、

14万のうち10万かえってきましたよ。


一部壁がはがれているところあり、

ふすまはかなり黄ばんでおり、

台所の床は少しフガフガしてましたが

全部大家負担になりました。


サーフボードの板をぶつけて穴のあいたふすまと、

張り棒がめり込んで剥げた壁紙があったのですが、

それだけは一部こちらが負担しました。

最初は業者が張替え金額の3割負担を求めてきましたが、

10年近く住んでいたので、原価償却済んでるだろ?

っていうと、1割負担にしてくれました。


で、返金額が10万になったので、ま、いいかな。っと。

ハウスクリーニング代も契約書に特約があるにせよ(実際は微妙な書き方です。)

明確性がなければ効果はないので、厳しく言えばなんとかなった気がしますが

まー、それほど揉めたいわけでもなく、

ちょうど目標額だったのでよしとしました。



ポイント(キーワード)は

「原状回復ガイドライン」と「原価償却」あと揉めた時は「判例」かな。

まあ、いろいろ調べると出てくるので詳しいことはそちらで。

調べるのが面倒な人は、退去時に査定にくる人に

「国交省の原状回復のガイドラインに沿って査定してくださいね。」

って一言言えば、査定額がかなり変ると思います。

こちらがある程度知っていると見せかければ業者も(経験あるがゆえに)空気を読んできます。

知らないとなると、お決まりの「足がでるけど大家さんが負担してくれる」って言われて

全額もってかれますよ。
関連記事


スポンサード リンク

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hirunekaze.blog95.fc2.com/tb.php/275-bef54c20
この記事にトラックバックする
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。