夏の昼寝どき、そよそよとふく1/fゆらぎのかぜ。 なんとよぶのでしょうかねぇ?知ってる方教えてください。などと考えている日常記
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサード リンク

ずいぶん前、というか昨年の秋のお話。

家族が「ヒマじゃぁー。」とゴネるので

かるく内子町の石畳へドライブに。


道の駅「からり」あたりまで行って石畳方面へ向かうのが

道も広くて一番無難なコースなのですが、

いつも走っているコースじゃつまらん!ってことで

中山から山道を走っていくことに。

JR伊予中山駅前から旧道に入りまっつぐ。

花の森ホテルの上を通って、どんどん進みます。

重藤集落を過ぎ、ついでに高速道をを超えます。

途中分かれ道がありますが、永木方面へ。

猪の峠を越えると、いきなり屋根つき橋で有名な

弓削神社にでます。


で、なんでこの日石畳かっつうと、

そろそろ新ソバ祭りじゃないの?

っていうアバウトなんだけどすこし鋭い勘に頼ってきてみたわけです。

・・・見事、的中。

「石畳むら」の前で打ちたてのソバが食べられるようになってました。

樹齢150年を超えるといわれている有名なしだれ桜を眺められる

絶景(って秋だから桜はないけど、眺めがいいのよ!)でソバを満喫。


食った食った!石畳ひと回りして帰るか

ってことでトロトロ走っていると、

山の中で、じいちゃんが車を止めようとしてくる。

うーん、ヒッチハイクじゃあるまいし、と思いながらも

一大事だと大変なので車を止めてみる。

すると、

「しいたけがあまっとんじゃ。だれか来たらあげよ思て。いらんか?」

間髪いれず

「マジっすか?そりゃいただきます!!」

ってことでいっぱいしいたけをいただいてしまった。

091123_1502~01

写真では少しわかりづらいが、規格外の山ほどデカいしいたけだ。

こりゃたのしまねば。

ってことでウキウキ気分で帰宅。

さっそくそのまま焼いて食った。

が、その後しばらくしいたけ料理が続いたことは言うまでもない。
関連記事


スポンサード リンク

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hirunekaze.blog95.fc2.com/tb.php/285-9eb04d83
この記事にトラックバックする
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。